田中家の知恵袋 ~ 田中靖和.com ~

学びの総合情報サイト ~ スイーツ男子歴 半世紀 超 の中年でも 120 kg 超 → 78 kg台 40 kg 以上の DIET に成功した方法 etc

*

天災の被災者になってしまったときは

困ったときは

政府広報オンライン ~ 消費者ホットライン 188番

 

————————————————————————————

阪神淡路大震災では 30年、35年等の長期ローンを組んだ マイホームが被災し、

修繕も建て替えもままならず、住めないのに、ローンだけは残ってしまい、

新たな住居との 2重ローンという辛苦を味わった人々が、多数いました。

その後、2011年 東日本大震災があり、地震のみならず、台風、豪雨、竜巻など

「100年に一度」どころか、ほぼ毎年のように、日本のどこかで 激甚災害が

起きてしまうようになりました。

長らく、日本では リコースローンというシステムですが、

さすがに 毎年どこかで 被災者が発生してしまうようになると、

もはや 「天災に遭遇してしまったら、人生終わり」となってしまうリスクが

ほぼ 全国民に降りかかることになります。

ついに、銀行協会も、天災による破産を回避するため、

ガイドラインを設ける形になりました。

自然災害債務整理ガイドライン(全国銀行協会)

https://www.zenginkyo.or.jp/abstract/disaster-guideline/

 

被災しないに越したことはないですが、天災に遭遇するか? しないか?

は、まさに時の運。

実は、国土の 8割方が山地である日本は、ほぼ

「絶対に安全な場所など、ありえない!」

といっても過言ではなく、

われわれ個々人の力で、どうにかできるものでもありません。

被災して、なんとか命は助かった。

でも、これからどうしようか?

となったとき、

こういう知識があるか?

知っておいて、いざとなったら、関係機関に相談する、

ということが 未来の人生の分岐点になります。

あなたは、生きてるだけで 納税者です。

税金とは、自分がいざ、困ったときに、活用するためにこそ、

納税しているわけです。

また、国家とは、政府とは、

国民が人生の困難に陥ったときは、助けるためにある 組織です。

被災してしまったときは、納税者として、

救済の手を差し伸べてもらう、という権利は、

あなたにもあるのです。

未来を、人生を 再建するために、頭の片隅に 置いておいてください。

あなたの人生の再建を 微力ながら 応援いたします。

 

 

 

 

 

 

サイト作成 アフィリエイト用 無料イラスト素材
イラストック【illustock】通信

頭脳下克上: 少資金から創意工夫で人生大逆転

リビンマッチ

リビンマッチ

CAMPFIRE

治験モニター募集
治験モニター募集


公開日:

Translate »