田中家の知恵袋 ~ 田中靖和.com ~

ケーキ大好き スイーツ狂い男が 45歳で 40 kg 減ダイエット成功! 55年・半世紀超の集大成サイト

*

EYE up ~ 視力維持 回復トレーニング ツール

日本人は 以前から めがね、コンタクトレンズの着用者が多い国です。
もう平成時代も終わるというのに
その傾向は 衰えることがありません。

しかし、目も身体の一部です。

筋肉は 鍛えなければ 衰えます。
逆に、鍛えれば より働きがよくなったり、
強化することもできます。
だからこそ、トレーニングジムがはやるし、
運動が 盛んなのです。

 人間の身体は 使わないと衰え、
適切な トレーニングをすれば 強化できたり 
衰えを かなり 防ぐことができることは、
あなたはもちろん、よくご存知でしょう。

しかし 半世紀以上 生きてきた私からすると
つくづく 日本って、不思議な国だと思います。

これだけ 医療が発達したのに
いろいろな 身体の不調を 治療できるようになったのに、
いまだに、目に関しては
 治らないものとして そもそも 
視力を回復させよう、という話が 出ないのです。

医者に行けば
すぐに めがねをかけたり、
コンタクトレンズのお世話になってしまう
そんな方向に一直線です。

もちろん、めがね屋さんは、めがねやコンタクトレンズを売るのが商売ですから、
目がよくても、サングラスを勧めるでしょうが・・・・。

肥満外来の医師が もし 肥満体だったら、
体重 0.1 トン超の デブだったら、
あなたは その医者に かかりたいと思いますか?

聞くまでもない話だと思います。

なのに・・・・

なぜ、目医者が、眼科医が 
眼鏡をかけていたり、
コンタクトレンズをしているのを
何とも思わないのでしょうか?

医者 自ら 「治せません!」
と 無言の主張をしているようにしか
思えないのですが。

医者に関してもそうですが、
特に、毎朝 みかける 小学生の登校の列で
まだ ランドセルが重そうに見える、小さい子が
牛乳瓶の底のような 分厚いレンズの めがねをかけている姿。

私が毎朝、悲しみを感じる光景です。

ランドセルどころか、顔も 重そうに見えて
私には 毎朝、心が痛みます。

あの子の親御さん、
あんな 小さいうちから
めがねをかけさせちゃって、いいの??

年をとれば、少なくとも、目も
もっと悪くなってしまうはずです。

小さいうちから あんなめがねをかけさせちゃったら、
オトナになったら どうなっちゃうんでしょう?

他人事ながら、私は心配です。

あの お子さんが
じいさん、ばあさんになる頃は
私も、おそらくあなたも
すでに あの世に旅立っているでしょうから、
関係ない話かもしれませんが・・・。

目が治らない、というのは、半分 本当ですが、
半分は ウソです。

人間も動物。
動物は、敵に襲われて 怪我しても
身体は 自動的に 治ろうとします。

イヌやネコも ちょっとくらいの傷くらいなら、
傷口をなめるだけで 
ほとんど治ってしまいますよね?

薬も医者も いらずに。

人間に関しても
どんな病気、怪我も、
すぐに気付いて治療にかかれば、
かなりの確率で 治ったり、よくなったりします。
(もちろん、治らないものもあります。
手足や 眼球を失ったら、さすがに生えてはきません)

目もからだの一部です。
だから、悪くなってきた、
と感じたら、
すぐに 目を休めたり、
トレーニングをすれば、
回復することは 不可能ではないのです。

オカルトではないのですが、
「目が治らない」と信じ込んでいる人々にとっては 
目は 本当に治らないものです。

その原因は
「治らないのが当たり前」という無意識レベルの潜在意識が
日々の習慣、人生の生き方を、
本能的に、目が治らないように、
目に悪いように
身体を働かせてしまう、行動してしまう
いわゆる
恒常性が働いてしまうからなのです。

近年、あらゆる職場に、さらには自宅にも
パソコンが普及し、今や、スマホ(スマートフォン)が
1人1台が当たり前の時代になりました。

便利な時代になったのと引き換えに
ますます 目を酷使する、
日々、目を疲れさせる環境に
普通に生活している
生きてるだけで なってきてしまったのです。

私は 日々、パソコンで チャートを見たり、
スマホや ガラケーの画面を見ますし、
クルマやバイクの運転もします。

こんな 目に悪い環境下でも
生まれてこのかた 
50代半ばを迎えた今でも

めがね、コンタクトレンズ無しの 裸眼生活を 継続中です !!

運転免許も 条件欄に 
「眼鏡等使用」という記載を入れないよう
目のケアを続けています。

人間が行動するには、身体のどこが悪くても不便ですが、
目が悪いと、さらに不便さが増してしまいます。

視力に関しては 病院で適切な治療を受けるより
今すぐ 視力回復、維持の トレーニングを始めることが
有効策でしょう。

もちろん、すぐに 病院にいくべき事態というのも
残念ながら、起こってしまうでしょう。

ものもらい、できものができた、
とか、
目に何か 衝撃を受けたり
虫、その他 異物が入ってしまった、
 さらには、花粉症でかゆくてたまらない、
なんてこともありますね。

このような、外科的なことは
トレーニングで回復することではないので
すぐに病院で治療すべきです。

ここでは 私が めがね、コンタクト無し人生を維持継続しているもの、
視力回復、維持に 気軽に取り組む方法を
ご紹介したいと思います。
それが こちらです。
                   ↓

 

 

 

 

 

私のパソコンの左下には このように 常駐しています。

 

公開日: