田中家の知恵袋 ~ 田中靖和.com ~

学びの総合情報サイト ~ スイーツ男子歴 半世紀 超 の中年でも 120 kg 超 → 78 kg台 40 kg 以上の DIET に成功した方法 etc

*

サービサー(債権回収業者)活用法

      2019/01/13

サービサー解説室
http://servicer.web.fc2.com/

不良債権は五%前後で売り買いされている

サービサー 2018年10月現在 81社
債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧(法務省)
http://www.moj.go.jp/housei/servicer/kanbou_housei_chousa15.html

サービサー側も莫大な不良債権の業務があり、基本的に面倒な手続きを踏みたくなく、
債務者側から、具体的な金額の提示を行えば、 あまりに低い金額を提示しないかぎり、解決する場合が多いです。

サービサーまで債権が流れてしまっている方は、かなり返済も難しい方だと思いますし、
基本的に サービサー側も 全ての債権を回収できるとは思っていません。

互いに譲歩する形をとれば、いくらでも解決の糸口は見つかるものです。

抵当権の本来の使い方は、相続税対策のために使うのが本来の使い方です。富裕層の方はほとんどこの方法を実践しています。

ようするに、自宅にわざと抵当権をつけ、相続税の評価を下げ、税金を減額させることができる
http://servicer.web.fc2.com/housing-loan/

===========================================================

銀行、金融機関による被害は 実は日本で多発しています。

そして 日本の自殺の理由のうち 「経済的事由」というのは、ほぼ 銀行、金融機関に追い詰められての自殺です。

親子親戚、友人からの借金は、返すことが 人間関係のために当然ですが、

金融機関による借金で自殺することは、無駄死にです!!

さまざま 対策を取るべきです。

 

銀行「個々の事情に合わせて 対応いたします」と耳障りが良いことを言うのが、常套手段。

1個人 対 銀行 という交渉の形となり、個人は 銀行に、いいようにあしらわれてしまいます。

銀行が提案する 耳障りの良い提案は、常に 銀行側に有利な 最も都合のよい案です。

決して、こんな提案にのってはいけません。

 詐欺で騙されて 融資させられた必要以上のお金を、一個人は 30年間などの長期間、

ほぼ借金返済の人生になってしまうのです。

 

銀行も 株式会社です。

銀行としての 利益追求が最優先です

「変額保険 訴訟」

で 検索してみましょう。

実態が よくわかります。

 

 

スルガ銀行・スマートデイズ 被害同盟公式サイト

https://www.ss-higai-doumei.org/

 

 

 

 

みずほ銀行 被害者の会 TOP

http://www.ginkouhigai.com/

サービサーへの 債権売却

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

銀行の上に 税務署あり 税務署の上は 財務省    無知・無策は死に至ることもある・・・・

—————————————————————————————–

1990 年代 田園調布で 相続税 破産死

相続税が払えなくて死を選んだ初老の夫婦

バブル経済が破綻して不動産価格が急落していたころ、

高級住宅街の代名詞ともなっている東京・大田区田園調布でのできごとです。

小さな町工場を細々と経営していた初老の夫婦がいました。

同居していた父親が病死し、自宅の土地約320平方メートル(相続税評価額3億2000万円)と、工場のある借地の借地権などを相続しました。これにかかる相続税は、合わせて1億9000万円ということでした。

借地権はもともと処分が難しい財産で、そのうえ相続した借地権には借家人がおり、処分は不可能でした。

自宅の土地は 形状から 分割して処分するのは無理で、また物納も難しいと思われました。

結局、この夫婦は自宅の土地を一括して売却し、相続税を支払ったあとで 別に自宅を購入する方法を選びました。

長年住み慣れた田園調布に住み続けることは、最初からあきらめていたようです。

ところが自宅の土地を売り出したときは、土地の値段がどんどん値下がりしていたころです。

相続税の納付期限が過ぎても、買い手は現れませんでした。
売値も下げ、路線価の20%以上も下回る値段をつけましたが、それでも売れませんでした。

近所の人たちの話によると、このころの奥さんのやつれようはひどく、体調も崩し、ノイローゼ気味だったということです。

そんなときに、国税局から差し押さえを予告する 納税催告書が送られてきました。

その税額は延滞税も加えて、2億300万円に増えていました。

その一週間後、夫婦は相続税の重圧に耐えかねて服毒自殺を図りました。

その後に、土地はようやく売れ、税金を払った後にほんのわずかの金額が遺族の手元に残ったということです。

https://diamond.jp/articles/-/36325?page=4

サイト作成 アフィリエイト用 無料イラスト素材
イラストック【illustock】通信

頭脳下克上: 少資金から創意工夫で人生大逆転

リビンマッチ

リビンマッチ

CAMPFIRE

治験モニター募集
治験モニター募集


 - 断捨離

Translate »