田中家の知恵袋 ~ 田中靖和.com ~

学びの総合情報サイト ~ スイーツ男子歴 半世紀 超 の中年でも 120 kg 超 → 78 kg台 40 kg 以上の DIET に成功した方法 etc

*

2019年11月24日 れいわ新選組 衆院選候補者公募に 応募しました。(代表 45歳 誕生日)

   

2019 年 11月 24日

夏の参院選は、あっけなく書類以前(?)で 落第だったので、
いよいよ衆院選に向けて、改めて 公募に応募しました。

以下の文面を、まずは フォームから送信。

奇しくも、本日は、山本太郎代表の 45歳誕生日でした。

【 応募理由 】

「私が政治家だったらこんな政策をやりたい、
今の税法を このように改正できたら、金融政策をこうできたら、
1億2000万人くらい幸せにできるのではないか? 」
太郎さんの演説を聞きながら、れいわ新選組の政策を読みながら、たくさん共感し,
それと共に、自分なりに政策を考えるようになり、それを実現したい気持ちが抑えられなくなりました。

 私は 長年、親から
「政治に関して 意見しない、口に出さない」
よう、言い聞かされて育ちました。
実際に、お人好しで、
自分より周りの人々を大切にしてきた
「クソ真面目、バカ正直」な人間でした。
(今は クソとバカが多少、取れたと思います。)

兄妹が介護放棄したので、一人で親の介護を12年以上。
看取った後は、相続が争族となり、家族離散。
恥ずかしながら、これまで築いた資産も 詐欺で失い、
老後破産前の現在も、困窮してます。

労働者として働いた 30年余、
これまでひたすら納税して来ましたが、
築52年のボロ家を だましだまし、自分で直しながら住んでいる、
との理由で、どんなに困窮しても、生活保護は門前払い、
公的補助も 拒否され続けて来ました。

税金を取られるだけで自分は困窮、
なのに世の中は、といえば、
昨年のモリカケ事件あたりから、政権の腐敗、不祥事が目立ち、
納税者として、日々、怒りを感じています。

トンデモ法案を安易に通す国会、売国法案に対して、
太郎さんが 身体を張って反対している姿を見て
「れいわ新選組が政党要件を満たした今しか、
私が生きている間に 日本を再興できるチャンスは無い!」
と痛感してます。

54歳になった昨年まで、
議員になることなど、考えてもいなかった私でしたが、
もはや我慢の限界です。

自分がビジネスに失敗して困窮しても、
立ち直るのを助けるどころか、さらに叩く。
政治の失敗や、税金の取立てで、
現に、自分を含めた多数の国民が
困窮している。
そんな世の中を直したい、と強烈に考えています。

(ここまで 799 字,スペースを除けば 789 字)

文字数カウンター

 

サイト作成 アフィリエイト用 無料イラスト素材
イラストック【illustock】通信

頭脳下克上: 少資金から創意工夫で人生大逆転

リビンマッチ

リビンマッチ

CAMPFIRE

治験モニター募集
治験モニター募集


 - 防災 ~ サバイバル JAPAN

Translate »